おおたみんなの家/栄養士|人を知る|社会福祉法人つばさ福祉会|宮崎・東京・福岡の保育・学童・デイサービス|求人採用情報サイト

  • 「食」の面から、子どもたちの
  • 発育と好奇心を支えていく

2014年入職 おおたみんなの家/栄養士 牧野 頌子Makino Shoko

人を知る

転職のきっかけは、
「給食づくりに深く関わりたい」という想い。

まずは入職の経緯をうかがえますか?

元々、お菓子作りのスキルを高めるために夜間の製菓学校に通っていまして、スケジュールの融通が利く委託給食サービスの会社で働いていました。
ただ委託給食の場合は、私はあくまで栄養士ではなく調理師に過ぎません。決まった献立をつくるだけの日々に物足りなさを感じていたんですね。

栄養士ではなく、調理師の仕事になってしまったと。

委託先の保育園の職員や子どもたちと接することもほとんどない中で、「給食づくりにもっと深く携わりたい」「食育や事務作業も含めて、栄養として頑張りたい」という気持ちが強くなり、製菓学校の卒業と同時に転職しようと。

つばさ福祉会のことは、どのようにして知ったのでしょうか?

実は以前の職場の先輩が、当法人に転職していまして。
「子どもたちのために色々なことに取り組める環境だよ。一緒に働かない?」と紹介してくれたのです。

先輩栄養士の紹介が、転職のきっかけになったのですね。

それに外部研修などに参加した際に、当法人の役員とお話しする機会もあって、保育園としての取り組み内容はもちろん、子どもたちについて語る言葉の端々からも「何より子どもを大切にしているんだ」と感じていました。
その記憶もあって、「ここで栄養士として頑張っていきたい」と転職を決意したんです。

子どもたちや職員との触れ合いから、
「ラーメン屋さん体験」を企画することも。

人を知る

入職後はどのような業務を担当されているのでしょうか?

『おおたみんなの家』では私を含めて4名の栄養士が働いていまして、そうした仲間と一緒に朝と午後のおやつづくりや、昼食・離乳食・夕食・補食などの提供、それに食材の発注や給食だよりや献立表など保護者向けのお便りの作成などに取り組んでいます。

毎月の献立づくりも大事な仕事ですが、これは当法人の都内4園の栄養士が持ち回りで担当していますので、4カ月に1度順番が回ってくる感じですね。

献立づくりで意識していることはありますか?

子どもたち一人ひとりの発育段階やアレルギー対応を考えつつ、旬の食材を豊富に使った和食を中心にすることで、季節が感じられるにしたいなと思っています。ただ、どんなに栄養たっぷりでも残してしまっては意味がないので、子どもたちの反応を見て「好き!」「美味しい」と喜んでくれるメニューを考えることも大事ですね。

転職に求めていたことを、正に実践されている印象です。

そうですね。本当に自由度の高い職場で、想像以上の部分もありますよ。
例えば食育のテーマも、職員と相談して「子どもたちの間で水色遊びが流行っている」という情報をもとに、アイスキャンディづくりを企画したこともあります。

食育も、子どもたちの興味関心のあることをベースに様々な企画ができるわけですね。

ラーメン好きの子どもが多いということで、地元のラーメン屋さんに協力をお願いして、実際のお店で子どもたちと一緒に出汁づくりからラーメン屋さん体験をさせてもらったこともあります。
子どもたちも興味のあることには真剣に取り組みますし、イキイキとした表情を見ていると、いい経験を提供できているなと実感しますね。

子どもと深くかかわるやりがいが、
ここにはあふれている。

おやつ作りなど、製菓学校での学びを活かすチャンスも多そうですね。

そうですね。今年のクリスマスには、大きなケーキ作りにチャレンジできたらなって思っています。そうしたイベント時の行事食も腕の振るいがいがありますね。
また、地域のお母さんたちに離乳食づくりをレクチャーする機会などもあるので、食育や栄養学についても、もっとスキルアップしていきたいと思っています。

人を知る

スキルアップについてのサポートもあるのでしょうか?

園外研修に参加する機会が定期的にあるんですね。
その研修会では、個人ではなかなか勉強できないジャンルの知識を得ることもできるので、成長のチャンスは本当に多いです。

では最後に、応募を検討中の方々にメッセージをお願いします。

単に調理をするだけでなく、子どもと深く関わっていきたい方には、保育園はいい職場になると思います。
特に当法人は、職員との交流も日常的ですし、運動会の運営に参加して音響係を担当したことも。様々な角度から子どもたちの成長を見守り、自分自身もレベルアップしていけることは、きっと他にはないやりがいになるはずですよ。

配属当初は、「子どもたちに対して、どこまで手間と時間をかけられるんだろう」と、自由保育に戸惑う部分が多々あり、自分が何をすべきなのか分からなくなったことがあります。
クラスリーダーは、そんな私を見て、「気を張りすぎないようにね。もっと広い視野で、子どもたちのことを見てごらん」とアドバイスをくれました。

他のスタッフを見る

ページトップへ