指導員(学童)|仕事を知る|社会福祉法人つばさ福祉会|宮崎・東京・福岡の保育・学童・デイサービス|求人採用情報サイト

仕事を知る看護師(保育)

仕事内容

保育園での看護師の仕事は、いわば“保健の先生”です。保育園に通う子どもたちとコミュニケーションを取りながら、全員の体調・健康の管理に取り組みます。定期的な身体測定や健康診断によって、一人ひとりの成長段階を把握します。また、園内の衛生環境をきめ細かくチェックし、子どもたち・保護者・職員に対して、流行する感染症とその予防対策、衛生管理の大切さなどに関する情報をわかりやすく発信していきます。「看護だけ」「保育だけ」ではなく、専門知識とアイデアを活かして、その両方に取り組みます。

「ここは改善した方がいいかも」という意見もどんどん活かせますので、子どもたちが健やかに成長できるよう、積極的に環境づくりに取り組んでいただけたら嬉しいです。

仕事の特徴

仕事の特徴

0歳児の保育にも参加

園に通う子どもたちの身体測定やケガの手当、衛生指導といった「看護」の役割だけでなく、0歳児や病後児などの「保育」に携わる機会もあります。
子どもたちとじっくり関係性を育むと、月齢による成長・変化など、一人ひとりの個性や違いを直に感じることができます。そうした時間の中で育まれた信頼関係は、1歳、2歳とクラスが上がっても変わることがありません。そのやりがいは、他では得難いものがあります。

仕事の特徴

園内の環境づくりなど

当法人の保育園は、都内で展開する4つの園など、近年新たに立ち上げた施設も少なくありません。そうした新園では、看護業務のマニュアル作成や導入すべき設備の企画検討、業務の進め方の改善など、様々な面で看護師が活躍。
当法人では、現場の意見・アイデアを重んじる文化が育まれていますので、「もっとこんな環境ができたら」という気づきがあれば、ぜひ発信してください。

ページトップへ